オムロンヘルスケア㈱松阪事業所

オムロンガラス手摺の製作指示において、形状よりも部品毎での製作指示・工程毎での段取り作業が大変だったと印象があります。
本来、同材の手摺製作後、一緒に錆止め塗装をしますが、今回は、SUS PHL(バイブレーション:金属の表面にパーマ状のヘアラインを無数に施していく仕上げ)のトップレールにスチールのブラケットを取り付ける壁付き手摺の為、ブラケット先行製作→錆止め→手摺製作→組付けの順で作業工程が異なり、手間・労力が掛かった物件でしたが、指示者・製作者との連携、Kリーダーの仕様変更協力があり、皆さまの協力の元、間に合わせる事ができました。
羽島工場 サブリーダー H.K

2020年2月

  • SUSカウンター

  • ガラス手摺

  • ルーバー